海運プロジェクト

船舶保有に関する、コンサルタントサービスを承っています。

世界的な景気回復を背景とした堅調な荷動きに支えられ、海運業界はますますその役割の重要性を増しています。一方、造船業界は国際的に船舶の環境規制が強化されていく中で、今後10年間、高度な省エネ化仕様の大規模な船舶交代が進み、造船産業の復興も期待されています。

このような背景を踏まえ、当社はいまこそが新たな付加価値を創造する絶好のチャンスと捉えてお客様重視のマーケティングに基づいた船舶投資ファンドの組成・運営をはじめ、船舶保有に関するコンサルタントサービスや船舶融資の仲介等、さまざまな事業を積極的に展開しています。

船主業務と運航委託業務

現在、自社船6隻を保有し、日本大手船舶会社を含め、世界有数の船舶会社、オペレーターへ高規格の船舶を長期・中期傭船の形態で提供しています。

また、船主からの依頼を受け、当社ながらの長年の船舶運航ノウハウ及び世界ネットワークを活かして、安全管理を基盤とした最高の付加価値を創出する船舶運航委託業務も行っております。

次世代を担う商船の創造、グローバル海運物流事業に取り組んでいます。

グループ会社の本田重工業と共に省エネ・環境に配慮した次世代に向けた商船の研究、開発、さらに安定的な収益モデルをベースにしたその活用を、世界中の船主様に提供しています。

そして途上国のインフラ・物流整備に新造船・既存船の仲介を軸に地域の経済発展の一躍をも担っています。

 

 

 

当ページの内容に関するお問い合わせは、下記担当部署までお気軽にお問い合わせ下さい

プロジェクト部
TEL 03-6369-8025 projects@exeno.co.jp